3年A組−今から皆さんは、人質です−のドラマのあらすじ。菅田将暉が先生役に抜擢!役柄は?

2019年1月スタートする新ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」の主演に菅田将暉さんが抜擢されました。これまでにドラマや映画で様々な役を演じてきた菅田将暉さんですが、意外なことに先生役は今回が初めて。以前から色々な場所で「今、一番演じたい役」と語っていた念願の教師役ということで、「実際に高校時代に教師を目指していた時期があり、いつか先生役を演じてみたいと思っていたので、今回はそれが叶い、大変うれしいですし、光栄に思っています。」とコメント。またこれもまた意外なことにゴールデンプライム帯の民放連続ドラマで単独主演を担うのも今回が初めてのようですね。

そんな菅田将暉さんが出演される新ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」は一体どんなお話なのでしょう。まだまだ情報が少ないですが、菅田将暉さんの役柄についても考えていきたいと思います。

「3年A組−今から皆さんは、人質です−」のあらすじ

魁皇高校の卒業式まで、残り10日。あとは卒業を待つのみとなった生徒たち。
冬から春へ季節を変え始めたこの時、高校生活という一つの舞台は平穏に幕を閉じていく。……はずだった。
3年A組の扉が開く。担任の美術教師:柊一颯(菅田将暉)は、教卓の前に立ち、いつもと変わらぬ表情で、29人の生徒に衝撃的な一言を言い放つ。
「今から皆さんには、人質になってもらいます」

ポカンとする生徒たち。そしてそれはやがて嘲笑へと変わる。一部の人間が呆れて帰ろうとする。が、教室の扉には一颯によって特殊な鍵が取り付けられ、自由に開けられなくなっていた。そしてその時、廊下の外から突然爆発音が! 一颯が仕掛けた爆弾が爆発したのだ。衝撃の一同。この爆発によって3年A組は孤立し、完全に閉じ込められてしまう。一颯は「これから、俺の最後の授業を始める」と生徒たちに告げ、数ヵ月前に3年A組のある生徒が自殺したその理由を答えるようにと求める。その答えを夜8時までにみんなで導き出し、不正解の場合は誰か一人に死んでもらうと宣告する。そして彼は、クラスの代表として回答役に学級委員の茅野さくら(永野芽郁)を指名する…。

―――なぜ、一人の生徒は自ら命を失う事を選んだのか。なぜ、一人の教師は『人質事件』という方法をもって『最後の授業』を行うと決断したのか。生徒たちの想いは、そして抱えるその『秘密』とは。謎が連鎖し絡み合う、衝撃の学園ミステリー。ここに開幕。

〈公式サイトより〉

菅田将暉さんが演じる高校教師の役柄は?

今回、菅田将暉さんが演じるのは29名の高校生を受け持つ美術教師の柊一颯(ひいらぎふぶき)27歳。

公式HPには「謎めいた性格」とあり残念ながらそれ以上のことはまだわかりません。外見は丸メガネ着用、ややぼさっとした髪型、服装も落ち着いた色合いで大人しそうな落ち着いた印象がありますが、担当生徒を人質に取ったりあらすじにあるように爆発物なども使用するようですし、見た目とは裏腹にかなりの大胆さが伺えますね。一体どんなキャラクターなのか気になるところです。

菅田将暉さん「今、一番演じたい役」とコメント

高校時代に実際に教師を目指していた時期もあったという菅田将暉さんは、かねてより「今、一番演じたい役」と話していた先生役に大変嬉しいご様子。

これまでは生徒役で様々な作品に出演してきて今回演じる柊一颯(ひいらぎふぶき)は27歳という実年齢と近い役柄。今の年齢で教師と目線から「学校」を見ることができることが非常に楽しいようで、できれば撮影前に実際に高校へも出向き、現在の先生と生徒の距離感や空気感を肌で感じて、リアルな教師像を表現していきたいと話していました。

自分の経験だけでなく、ドラマを観る視聴者のリアルな高校生、高校教師像をしっかりと作品に盛り込んでいこうとする姿勢がとても素敵ですね。菅田将暉さんが演じる高校教師は謎めいた役柄とのことですので、どう表現されていくのかも見どころです。

いつからスタート?

日本テレビ系2019年1月期の日曜ドラマ「3年A組—今から皆さんは、人質です—」は1月6日(日) の22:00放送開始で初回は30分拡大スタート!(2話以降は22:30スタートなのでご注意ください)

〈関連記事〉

ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」の自殺した生徒は誰?理由は?予想ではあの人!?

「3年A組−今から皆さんは、人質です−」のドラマ主題歌が決定!菅田将暉の主題歌への想い。

ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」のキャストでクリスマスパーティ!参加者は?キャストの素な一面も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です