ドラマ『ラジエーションハウス』(ラジハ)の1話内容は?ネタバレと感想!演出がHEROに似ている?

さて、ついに2019年4月の春ドラマがスタートしましたね!フジテレビの月9は、窪田正孝が放射線技師を演じるドラマ『ラジエーションハウス』です!

今回は4月8日(月)に放送された第1話の内容、ネタバレや感想をご紹介したいと思います!!

うっかり第1話を見逃してしまったわ!!って方は、フジテレビ公式の動画配信サービス『FODプレミアム』で配信していますよ、しかも無料で見れますからね!

30日間無料で視聴することができるので、ラジエーションハウスの他にも色々を気になる作品を見まくっちゃいましょう。

『昼顔』や『リッチマン、プアウーマン』、窪田正孝さん出演の『僕たちがやりました』など、気になる作品が多数!

お金かけたくない!って方は、無料期間中に解約することをお忘れなく


ドラマ『ラジエーションハウス』1話の内容は?ネタバレをご紹介!

五十嵐唯織(窪田正孝)は、「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師。

アメリカで最も権威ある放射線科医からその才能を認められた五十嵐唯織(窪田正孝)は、帰国後、ずっと思いを寄せている幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。

五十嵐唯織(窪田正孝)と甘春杏(本田翼)の出会いは、22年前に。唯織がいじめられている時に杏が助けたことがきっかけ。

杏は、父親の跡を継いで医者になる夢を唯織に話していた。

その時に杏は「病気を見つけるにはカメラマンが必要だから、世界一のカメラマンになってお手伝いをしてね」と唯織と約束をしていた。

五十嵐唯織(窪田正孝)は初出勤の日、バスで甘春総合病院へと向かう。

同じバスには、唯織とともに採用された新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)の姿も。

その途中、バス運転手の天野(春海四方)のわずかな異変に気づいた唯織は、救急車を呼ぶよう乗客に呼びかける。唯織は駆けつけた救急隊員に「血管造影ができる病院へ搬送してください」と指示し、その場を去った。

天野は甘春総合病院に搬送され、救急担当の整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)が対応したが、天野は自力で立てるほど元気な様子で。。。

甘春総合病院の放射線科は、科長兼診療部長の鏑木安富(浅野和之)、ギャンブル好きの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)、勝気な独身女子・黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)が放射線技師として働いている。

彼らの間では、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないか、という噂も広まっていた。

病院についた唯織杏はついに杏と再会を果たした。ところが杏は、唯織のことなどまったく覚えておらず、大きなショックを受ける唯織。

そんな中、前夜に唯織が河川敷で出会い、親しくなった世界的に有名な写真家である菊島亨(イッセー尾形)が甘春総合病院に搬送されてくる。

小野寺たちは、頭痛を訴える菊島の頭部MRI検査を行ったが、画像の左上が黒く抜けて欠損していてた。

菊島のMIRは「金属アーチファクト」による影響で、口の中か頭の中の金属が原因だと思われた。

そこに菊島の娘である菊島由美(森矢カンナ)が入院の手続きをしにやってやってきたが、父には会わず帰ろうとするところを裕乃が目撃する。

時を同じくして、唯織と菊島は病室で再会し、ボリビアのウユニ塩湖へ毎年写真を撮りに行っている話を聞いていた。

菊島は妻を8年前に亡くしたが、当時ウユニ塩湖へ行っていたため、死に際に立ち会えず葬儀にも出席できなかった。

これが原因で由美は菊島を恨んでおり、もう会わないと決めていた。菊島も妻の命日に出す予定だった写真集が未完成のまま。

唯織「僕に、あなたの写真を撮らせてください」

杏にもう一度検査をさせてもらえるよう頼む唯織だったが聞き入れてもらえず、ちょうどそこに来た大森渚(和久井映見)と院長室へ。

そこで見た湿布をヒントに頭部のMRIの再検査を試みようとするが、鏑木(浅野和之)が手を回しすでに転院の話が出ていると知ったラジエーションハウスのメンバーは諦めモードに。

唯織「菊島さんの頭の中に何かあるかもしれません。僕、助けたいんです」

その後、裕乃が娘のSNSの写真見せていると菊島が突然痙攣し始め、緊急手術になると娘にも連絡が入る。

杏が全ての責任を負うといい、造影剤アレルギーの菊島に血液造影検査を行うことになった。

しかし、ラジエーションハウスのメンバーたちは唯織を筆頭に菊島の検査を勝手に始めていたが、バレてしまいって血管造影検査の方へ移動させられてしまった。

どうに時間をかせぐ間、唯織はMRI画像から移送画像を見つけ出して、MRIと掛け合わせ始めた。MRI画像の黒く欠損していた箇所が鮮明になって行く様子をラジエーションハウスのメンバーも見守った。

杏がカテーテルを行い造影剤を投与しようとしたその時、MRIが完成した唯織たちが止めに入る。

MRIから、原因は「寄生虫」であると判明。菊島の写真集に写っていたボリビアでの淡水の蟹から感染したと唯織は説明し、薬の投与で治ると話した。

連絡をもらい駆けつけていた娘の由美に、唯織は写真集に写っている両親の写真を見せ、この写真集が未完成の理由が「娘と娘の大切な人との写真を載せる」と妻と約束していたことだと話す。

そして、菊島が退院の日、娘の由美は笑顔で父のことを待っていた。

その後、唯織が救急車で搬送させたバス運転手の天野、脳梗塞に移行する前に手術ができたことで、辻村駿太郎(鈴木伸之)へお礼を述べていたところを広瀬裕乃(広瀬アリス)が目撃。

唯織が言っていた通りとなったことを裕乃は思い出す。

後日、唯織に完成した写真集が送られてきたのだった。菊島は唯織たちのことを目には見えない体の中を映し出す「病の写真家」といった。それを見ていた唯織に、森渚(和久井映見)は「なぜ、技師の道を選んだのか」と、医師免許も持っている唯織に尋ねる。

唯織「(杏と)約束したんです。…そう思っているのは僕だけかもしれませんが。」

唯織は今も杏とした約束を胸に、放射線技師として真実を写真に映し出す。

ドラマ『ラジエーションハウス』の1話感想

あらすじを読んでもっとお堅い感じのドラマなのかな?と思っていたのですが、ちょいちょいくすっと笑えるようなコミカルな場面もあり、飽きも来ず楽しくみれました。

一回ずつお話が完結するので見やすいですね。

涙あり、笑いありのドラマで、窪田正孝さんのちょっと空気の読めないけど、憎めない役柄も良い感じです。

最初は邪険にされていますが、徐々に信頼を得て、みんなから愛されて頼られるキャラになるんだろうな〜。

他のキャラも個性強めですけど、チームワークはいい感じでいいですよね。

ちょっと本田翼さんの演技が堅いかな〜?って感じもありつつ。真面目なお硬そうな役だから仕方ないのかな。

カメラワークや演出が、ドラマ『HERO』と似ていると言っている方が多かったのですが、どうやらHEROの時と同様に演出が鈴木雅之さん、音楽は服部隆之さんのようです。

窪田正孝さん演じる五十嵐と本田翼さん演じる甘春杏の関係についても気になりますしね。今後の放送が楽しみです!

SNS上での反応は?

最後に

今回は2019年4月スタートのドラマ『ラジエーションハウス』のネタバレと感想をご紹介しました!

今まで医療系のドラマはたくさんありましたが、放射線技師に焦点と当てているドラマはあったのかな?

ドラマを見ていて、まさに「縁の下の力持ち!」という印象でした!!これを機にどんな仕事か知って行きたいなと思いました。

次回の第2話は、4/15(月)21時の放送となりますので、お見逃しなく!

↓2話放送後、更新します!

ドラマ『ラジエーションハウス』(ラジハ)の2話の内容は?ネタバレと感想!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です