ニトリのバーチカルブラインドの値段や買い方は?リビングが明るく広々とした雰囲気になり大満足。

以前から気になっていたニトリのバーチカルブラインド。今回は値段や買い方についてご紹介したいと思います!

住宅を購入して一番悩んだといってもいい家具は「カーテン」。

カーテンひとつで部屋の雰囲気や明るさがだいぶ変わりますが、購入していざ取り付けてみると思っていた雰囲気と違う・・・なんてこともあります。

しかし意外と値段がするカーテン、失敗はしたくない。リビングだけは奮発してでも心地よい空間にしたいと思い、思い切って最近流行りの「バーチカルブラインド」してみました。

バーチカルブラインドとは?

バーチカルブラインドとは、縦型のブラインドを指しており横型のブラインドよりもブラインド部分の幅が広く、布などで作られていることが多いようです。

大きい窓などに用いられることが多いカーテンで、まっすぐにすとんと落ちるブラインドはスッキリした印象を与えてくれます。

なんといってもお手頃価格。お値段以上のニトリ

バーチカルブラインドというと、よく聞く家具屋さんでは10万前後するお店も多い中、ニトリは高くても5万前後といった破格の金額!もちろん、一般的なカーテンに比べたらそれこそ高いですが、一生ものと考えれば安いかなと感じました。

ニトリのバーチカルブラインドは「ピオネエコシリーズ」「ニューテクスチャーシリーズ」「ニューライトシリーズ」「ピオネ遮光シリーズ」などがあり、シリーズによって素材や遮光・遮熱などの機能やカラーの種類などが異なります。

我が家は狭い建売住宅を少しでも広々と見せたかったので、壁と同じ白色を選択。ちなみにシリーズは「ピオネ遮光シリーズ」です。

同じ素材のロールカーテンもあり、リビングにある腰の高さの窓にはバーチカルブラインドとおそろいで白色のロールカーテンを購入することにしました。

ニトリのバーチカルブラインドの買い方とは?店頭で確認できます

ニトリのバーチカルブラインドがお手頃だという噂は聞いていたのですが、ネットで探すも出てこない・・・もう終わってしまったのか?と思い、店頭に確認しに行ったところどうやらネットには出ておらず、持ち帰りようのパンフレット等もないとのこと。

店頭のカタログや案内のみで、価格や素材が書いてある店頭のカタログを『自由に写真を撮って良い』とのことでした。

バーチカルブラインドを設置するにあたり、専用のカーテンレールが必要になりますが、カーテンレールの設置するために、窓の幅や長さを測る必要があります。

これについては、『自分でカーテンレールの幅や高さなどの長さを測る』か、もしくは『有料でニトリが提携している業者の方に来てもらい、測ったもらう』ことが出来ます。

私は自分で測る自信がなかったので、有料でしたが頼むことにしました。(すみません、値段を失念してしまいました。)

確かニトリに行った日の1週間後の日程で予約が取れて、測りに来てもらったと記憶しています。

そこから発注などをして更に設置日などを決めたりしました。

ホコリがたまりにくく、汚れても一枚ごとに取り替えができる

バーチカルブラインドの魅力の一つとして挙げれるのが「埃が付きにくいところ」。付いたとしても埃取り用のハンドワイパーでささっと取れるのが良いですね。また、子どものいたずらで汚してしまったとしても一枚一枚お取り替えが可能なので、汚れた部分のみを交換できるお手軽さも良いなと思いました。

太陽の向きや光の加減によって微調整が可能。

「日中の明かりを取り入れたいけど、少し開けた隙間から見える日差しが眩しいな。」

バーチカルブラインドでは左右に向きを変えられるので太陽の向きによって隙間の方向を変えれば眩しくありません。レースカーテンのように開けるか閉めるかの2択ではなく光の加減の微調整が効きますし、お好みの加減で光を取り入れながらプライバシーも守れます。

しかし!子どもがいたずらしてしまう可能性は大・・・

これまでバーチカルブラインドの良い所をご紹介しましたが、唯一デメリットを挙げるのであれば「子どもが引っ張っていたずらしがち!」の一点。赤ちゃんって紐が大好きですよね。それが赤ちゃんの手の届くところにあるものですから、引っ張りたくなるのも当然です。

奮発して購入したバーチカルブラインドを簡単に破壊させるわけにはいかない!

そんな方に朗報。バラバラになってしまって扱いづらいかもしれませんが、一応ブラインドごとを繋いでいる紐を取って使用することも可能とのことです。各々のブラインドを赤ちゃんが触る分には破損の心配もないですし、赤ちゃんにも危険はないかと思います。

(1歳の娘はバーチカルブラインドの隙間が楽しいらしく、そこからいないいないばあで顔を出すのが日課・・・ひぃーやめてくれー)

最後に

今回は、ニトリのバーチカルブラインドの値段や買い方についてご紹介しました!

バーチカルブラインドというと白が多いのかな?と思っていたのですが、思った以上に色のバリエーションが豊富で驚きました。

我が家はダークブラウンと緑を基調としたお部屋なので、それに合わせて薄いブラウンやグリーンを選んでいたらまた印象が変わって面白かったなと思います。

ダイニングテーブル、ソファがニトリで購入したもので、賃貸時代から使っているお気に入りの家具ですが今回バーチカルブラインドもお気に入りの仲間入りとなりました。

これからカーテンを買われる方はぜひ一度ニトリで実物を見てみることをオススメします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!(^^)

〈関連記事〉

一生紀(ISSEIKI)のスタイルシリーズのテレビボードとチェストを買ってみたら、お気に入りの家具になりました。

ニトリのスリムバスタオルは賃貸や狭小住宅にぴったり。全てのバスタオルを買い替え予定です。

萬古焼の炊飯土鍋でご飯を炊くようになって炊飯器を捨てました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です