吉川真司が新コーチの理由は?プロフィールや経歴、大坂なおみ選手との出会いなどご紹介!

大坂なおみ選手の新コーチとして、吉川真司コーチが登板しましたね!

今回は吉川真司コーチがなぜ選ばれたのか?その理由と、吉川真司コーチのプロフィールや経歴をご紹介したいと思います。

 

そもそも大坂なおみ選手と吉川真司コーチの出会いって?

大坂なおみ選手は2月12日に18年全米、19年全豪の優勝を後押ししたサーシャ・バイン氏とコーチ契約の解消しましたね。

そして本日、新チームについてSNSで発表していました。

「新コーチはなぜ吉川真司さんなのか?」の前に、大坂なおみ選手と吉川真司コーチの出会いについてご紹介したいと思います!

大阪なおみ選手は生まれから3〜4歳まで日本にいましたが、その後はアメリカへ移住。

その後、2013年9月に開催された「東レ・パンパシフィック大会」に参加した大坂なおみ選手は、当時アメリカでも日本でも全く無名の選手でした。

1回線敗退という成績でしたが、吉川真司コーチはその時に大坂なおみ選手の才能を見出します。

吉川真司コーチは当時の振り返り、「あの時の衝撃は忘れられない。パワー、体のしなやかさ、ゲーム性、世界でも見たことのない選手だった。」と感じたそうです。

当時の女子テニス代表日本監督だった村上武資さんや強化本部長に大坂なおみ選手のことを報告し、日本来日の際には特別に味の素のトレーニングセンターで練習できるようバックアップしました。

派遣先で大坂なおみ選手がいれば、必ずコンタクトをとるという熱の入れようだったのです。

吉川真司コーチはいち早く大坂なおみ選手の能力に気づき、手を差し伸べた方だったのですね。

大坂なおみ選手の国籍問題?アメリカか日本か

先程ご紹介しましたが、大坂なおみ選手は生まれは日本ですが3~4歳からアメリカで過ごしており、日本語も話せますが英語のほうが得意としています。

日本とアメリカ二重国籍ですから、アメリカの選手として活躍してもおかしくないとは思いますよね。

しかし、大坂なおみ選手がまだ無名の選手だったころ、アメリカのテニス協会に支援を申し入れていたのですが、取り合ってもらえなかったそうです。

その後、2016年に全豪オープンで予選を勝ち上がり本戦で3回戦に進出し、世界ランキングは1位へ。

アメリカは大坂なおみ選手の獲得に向け、多額の資金を積んで必死になったそうですが、無名時代から支援し続けてくれた日本へ感謝の気持ちから、お金に釣られることなく、日本人『大坂なおみ』として登録し続けることになったそうです。

吉川真司コーチがいなければ、日本人『大坂なおみ』として4大大会で優勝はなかったかもしれませんね。

吉川真司コーチが選ばれた理由とは?なぜ?

さて、本題の「吉川真司コーチが選ばれた理由とは?なぜなの?」について考察して行きたいと思います。

これから、東京五輪で金メダルが期待される大坂なおみ選手。

サーシャ・バイン氏とコーチ契約解消のこともありましたし、今後は最も信頼できて、メンタル的にも頼れる人をコーチとして迎えたいのでは?」と言った声がSNS上ではあがっていました。

このことを裏付けるエピコードとして、全米大会で大坂陣営の席に座ろうとした吉川コーチは運営スタッフに制止されたことがありました。

これに対して大坂なおみ選手本人が猛抗議したという出来事もあったようです。

実際に大坂なおみ選手自身も「吉川真司コーチに本当に感謝している。」と話していますから、とても信頼関係が深いようですね。

吉川真司コーチのプロフィール・経歴

氏名:吉川真司(よしかわまさし)

生年月日:1978年1月31日(41歳)

出身:京都府京都市

身長:173cm

体重:64kg

学歴:札幌藻岩高校→亜細亜大学

テニス経歴:96年高校総体シングル・ダブルスベスト8/00年全日本学生シングルベスト4/00年全日本学生室内シングル準優勝

コーチ歴:近藤大生、越野由梨奈、竹内研人、伊藤和沙、仁木拓人、今西美晴、沢柳璃子

 

吉川真司さんは、12歳ころから父親の影響でテニス始めたそうです。

出身の札幌藻岩高校(もいわ)のテニス部は強豪校として知られ、北海道では必ず名前が上がるほど。

テニス部の精神が『みんながレギュラー、みんながキャプテン』で、吉川真司さんも在学中にインターハイベスト8に輝いています。

札幌藻岩高校は、文武両道を掲げる公立高校で、春高バレーの常連校として知られており、2019年現在の偏差値はは60で、国公立大学へ進学する生徒の数も非常に多いです。

余談ですが、俳優の大泉洋さんの出身校だそうですね。

その後、吉川真司さんは亜細亜大学進学、硬式庭球部(テニス)に所属し、2000年全日本学生シングルスでベスト4、全日本学生室内シングル準優勝という成績を収めています。

大学卒業後は実業団でプレーしましたが30歳という若さで、2007年に現役を引退。

引退の原因は腰の怪我のようでした。

その後は、コーチに転身して2012年より「日本テニス協会の女子ナショナルコーチ」に所属しています。

現在所持されている資格は、『日本テニス協会公認S級エリートコーチ』。

最後に

連日大坂なおみ選手の報道で賑わっていますね。

今回は話題の方、吉川真司コーチが大坂なおみ選手に選ばれた理由や、吉川真司コーチのプロフィールや経歴、大坂なおみ選手との出会いについて調べてみました。

このコーチの交代が、今後の大坂なおみ選手のプレーや結果にどう変化があるのか期待大ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です